0711月/14

Venetor EtEnable4

EtEnable4とは
EtEnable4は専用ソフトウエア(MPP for Dante)を搭載し、今ある圧倒的な処理能力をもつIntelプロセッサーの能力を引き出し、新感覚、新時代のオーディオを提案するオーディオ統合システムです。
EtEnable4はアナログソースからデジタルファイルの音楽再生に関し、スピ−カと試聴部屋をリスナーの好みに完璧にアーコスティクコントロールできるオーディオ統合システムです。
EtEnable4は Audinante 社の革新的ネットワーク技術のDante使っています。今やDanteはプロの音響装置や製作現場で140社以上が採用を決め実際に、今回のブラジルワールドカップでも活用が決まっている、高性能、高信頼のイーサネットオーディオ統合システムです。
EtEnable4は嗜好、趣味のオーディオをより現実的なオーディオのツールとして作りあげました。開発にはコンピュータ開発のプロの世界で培ったソフトウエア技術、電子回路設計技術で作り上げ、物作り拘る日本人にしかできない新たな付加価値を添えて造られたオーディオ統合システムです。
enable4_02
 enable4ad
EtEnable4の構成と特徴
EtEnable4は、・・・・・続きはこちらから

0711月/14

ステレオ イコライザー アンプ VT-STEQ

本製品、VT-STEQは微弱なカートリッジからの微弱な信号を扱うのでクリーンな電源が必要です。バッテリーは非常にクリーンな電源ですが、バッテリーを扱うには過放電、過充電に注意が必要です。VT-STEQVT- MPEQVT-MCTLと同様にバッテリーを搭載し内臓マイコンが管理しております。詳細はこちらから

vt-steq_ht-thumb-540x295-770

VT-STEQ ハンマートーン

 

VT-STEQ-RED-thumb-540x328-763

VT-STEQ イタリアンレッド

 

steq_blue_02-thumb-540x317-773

VT-STEQ フレンチブルー

 

 

※表示する画面の関係で実際の色とは異なって見えることがあります。


0711月/14

Venetor スペシャルセレクション

VenetorSpecial-thumb-540x397-556

Venetor デジタルインテグレーテッド・アンプ「DiG」限定カラー、
Venetor スピーカー 「VT-SP-GR」のオーディオ部と
駿河の家具職人がグランドピアノと同じ塗りで作り上げた高級サイドボードをセットにして提供させていただきます。
価格は¥680,000.(税込み)

問い合わせ:電話:0463-20-6133、 メール: info@venetor-sound.com


0711月/14

Venetor DiGのユーザーをご紹介いたします。

Venetor DiGのユーザーをご紹介いたします。venetor_ph_2s
デザインスタジオを経営されているオーナーのホワイトシルバーのマックに合わせ、真っ赤なフェラーリ色のDIGとVenetor・SPとのご注文で納品いたしました。
スチール製のDIGはフェラーリと同じスタンドックスで塗れますが、木製のスピーカは高級家具やピアノに塗られているポリエステル塗料を特別に調色し塗、磨き9回で特別に仕上げました。
デザインのお仕事をされているオーナーはレコードを聴くのが大の趣味で仕事用のマックにデジタル化した大好きなレコードの音源を入れ、お仕事の息抜きや創造力を得ることに使いたいと、PC・オーデオ機器をと探していたところ、デジタルで有名な海外製を買ったところ、ふくよかな低音、倍音豊かな中音、速やかで切れよく澄んだ高音がほとんど感じられないドンな低音、シャリシャリな高音にがっかりし、DIGを選んでいただきました。
オーナーは当然オーディオ機器にも凝っていて、自室にはマークレビンソン,LNP-2と巨大なパワーアンプ、JBL4343と3千枚のオリジナル・レコードそのほとんどがMONO、オーナーは「所詮CDは44.1kの有限の世界、アナログ・レコードは無限の世界、まったく別次元だよ。それ故にアナログにより近い192K、24bitでデジタル化したものはCDなんぞの比ではない」との弁
デザインにも拘った真っ赤なDIGは、ブランドのイメージはなくとも192kの音樂を白で統一された事務所全体にアナログぽい雰囲気で堂々とならしていますとのことです。

venetor_ph_1s venetor_ph_5s


0711月/14

DiGのある場所 - 六本木 カファ ブンナ –

cbk2

1970年代から六本木にあるカフェ。

お客さまと会話をするのが大好きなマスターに気軽に声をかけてください。
特にカメラ、車、音楽の話題は大好きですぐに当たりがあります。
お店ではBGM風に常にマックから曲が流れてます。
マスターはスタンダードやクラシックに造詣が深く、こんな曲聞かせて、こんな歌手のCDあると質問してください、快く取り出して聞かせてくれます。
国立新美術館から六本木駅へお帰りの道すがら、カファ ブンナで美味しいコーヒーを飲みながら、マスターとの会話や音楽を楽しんで下さい。
カファ ブンナさんにはVenetor-DIGとVenetor-SP(スピーカー)がセットで有りますので是非とも試聴してください。

  • カファ ブンナ
  • 106-0032 東京都港区六本木7-17-20 明泉ビル 2F
  • 03-3405-1937

 

90915

単行本 「郷愁の喫茶を訪ねて  東京ノスタルジック喫茶店2」(河出書房新社)にカファ ブンナさんが載っています。
ぜひご覧あれ。