MC head amp, Lead-acid battery power supply system  VT-MCTL

希望小売価格(税込み):¥79,920

 

<概要>

VT-MCTLはMC型カートリッジの昇圧増幅のためのヘッドアンプです。VT-MCTL をMCトランスレスとネーミングといたしました。その名のとおり、MCトランスの代わりにMCカートリッジの信号をありのまま昇圧増幅いたします。

MC型カートリッジは、MMに比べ、演奏楽器の定位の良さ、クリアーで分解能の優れた再生音が特長で、レコード盤の細かな信号までキャッチする性能を持っている反面、出力電圧は、0.5mV 以下と小さく、MM型カートリッジと比べると、20dB 30dB も低い出力電圧です。

その低い電圧をMMレベルまで昇圧するために、MCヘッドアンプやMCトランスが必要となります、MCトランスで、すべての音楽帯域対応するには、トランスの持っているコイル成分による帯域制限が原因で、コイル成分のトランスのコア素材、コアボリューム、コイル線材の太さ、コイル被覆素材、コイル巻き線回数、トランス充填剤など考慮しなければ、音楽の全周波数帯域をフラットに再生することは難しく、繊細な室内弦楽からオーケストラ、ジャズボーカル、さまざまな音楽シーンに対し、個々のMCトランスに対し向き不向きなどが論じられ、評論家の口を挟むことになっています。

昇圧のみのMCトランスに代わるのが、MCヘッドアンプで帯域全域を増幅をすることが可能です。そのことでレコード盤に刻まれた音を余すことなく吸い取ることができます。

しかし、デメリットもあり、一般的に電源や増幅回路によるノイズ等で不利と言われ、その解決がポイントです。 VT-MCTL は、増幅部に、ディスクリート(オペアンプを使用しない)による無帰還アンプで集積回路には使用していません。

初段は、FET を使用した上下対称プッシュプル回路で、MC型カートリッジの微弱信号を正確に増幅し、後段もプッシュプル増幅+エミッタフォロアによって、信号をハイインピーダンス化し出力し、MC型カートリッジからの信号を余すところなく、音樂帯域全域をフラットに増幅します。

また、VT-MCTLのもう一つの特長は電源回路です。鉛シールドバッテリーを搭載し、電源環境をノイズの低減化を行います。

さらに、人が管理することが面倒なバッテリー管理をマイコン制御によって行い、過充電や過放電を防止しています。

バッテリーの供給電源は、18VのACアダプタを使用しています。バッテリーの残量と状況を、フロントパネルのLEDで表示します。バッテリー駆動中は、緑色。バッテリーが不足してきたら、赤色。残量が少なくなると、赤色の点滅となる。充電中は、オレンジ。充電完了は、緑色。

充電回路は、ACアダプタの接続されていればマイコンの制御で充電します。

カートリッジ対応する入力インピーダンスの切り換えは、フロントパネルのロータリースイッチで選択します。MC型カートリッジのインピーダンスがわからない場合は、47kΩで試聴して頂き、そこから、音圧がだいたい半分(-6dB)になるところまで、ダイアルを左に回すことで、インピーダンスを探る大まかな目安となりますが、最終的には、お好みや楽曲で好みの再生音で決めてみてください。

このVT-MCTLは、文字通り、MCトランスの代わりになりますが、MCトランスの良さもあります。お客様も既にMCトランスをお持ちのと思います。さらに、もっと良いトランスを求めるためにも、MCトランスレスを、モニタ代わりに、使ってみて下さい。このVT-MCTLと聴き比べにより、お持ちのMCトランスの、良い点、悪い点が如実に現れることでしょう。

VT-MCTL 仕様

一  般
型  名 :VT-MCTL
名  称 :MCトランスレス
品  名 :バッテリー内蔵MCヘッドアンプ
外形寸法 :144(W) × 92(H) × 155(D) mm(突起物を除く)
重  量 :約 1.75kg
使用環境
電  源 :バッテリー内蔵
充電用電源 :直流 18V(ACアダプタ使用)
消費電力 :560mW(無信号時・充電なし)
動作温度 : 0~40℃
電気的仕様
入力端子 : RCA ピン
利得 : 30db
最大許容入力 : 54mV
入力インピーダンス : 3Ω, 10Ω, 30Ω, 100Ω, 300Ω, 47kΩ(切換可)
出力端子 : RCA ピン

 


VT-MCTL のお求めは、

Venetor Sound Online Shop