1234円 水流スイッチ-2PCS水流センサースイッチプラスチック重力タイプFS G1 / 2 IN二重雄スレッド 産業・研究開発用品 空圧・油圧・配管 継手 /gastroparietal1931761.html,G1,/,IN二重雄スレッド,1234円,水流スイッチ-2PCS水流センサースイッチプラスチック重力タイプFS,2,産業・研究開発用品 , 空圧・油圧・配管 , 継手,venetor-sound.com /gastroparietal1931761.html,G1,/,IN二重雄スレッド,1234円,水流スイッチ-2PCS水流センサースイッチプラスチック重力タイプFS,2,産業・研究開発用品 , 空圧・油圧・配管 , 継手,venetor-sound.com 水流スイッチ-2PCS水流センサースイッチプラスチック重力タイプFS 新色追加 G1 IN二重雄スレッド 2 1234円 水流スイッチ-2PCS水流センサースイッチプラスチック重力タイプFS G1 / 2 IN二重雄スレッド 産業・研究開発用品 空圧・油圧・配管 継手 水流スイッチ-2PCS水流センサースイッチプラスチック重力タイプFS 新色追加 G1 IN二重雄スレッド 2

水流スイッチ-2PCS水流センサースイッチプラスチック重力タイプFS 新色追加 G1 ※ラッピング ※ IN二重雄スレッド 2

水流スイッチ-2PCS水流センサースイッチプラスチック重力タイプFS G1 / 2 IN二重雄スレッド

1234円

水流スイッチ-2PCS水流センサースイッチプラスチック重力タイプFS G1 / 2 IN二重雄スレッド

商品の説明

特徴:1。フロースイッチは高感度と耐久性2を有する。フロースイッチは、磁心、戻りばね、鍛造銅またはポリカーボンハウジングおよびセンサーからなる。シェルは、H58鍛造銅またはポリカーボンから作られており、コアはNDFEB永久磁石でできており、センサ磁気スイッチは高品質の電力成分4です。入口ポートとコンセントのポートはすべて、G1 / 2 IN標準のパイプスレッド、タイト接続、および安定したパフォーマンス5です。水循環制御、水入口および出口制御、水加熱制御、ポンプスイッチ制御、電磁弁ON / OFF制御、水出口停電、水出口電力制御などが適しています。項目タイプ:水流センサー:FSG1 / 2ダブルオス糸駆動電圧:DC0-210(V)作業電流:0.5-1(A)作業温度:-10~85()最高温度抵抗:85()作業圧力:0.2(MPa)媒体特異的重力:0.7threadサイズ:二重雄ねじ山G1 / 2最小発進流量:0.75L /最小スループット:5L /消去作業圧力:シェルの最大圧力:1.5MPASIGNAL出力負荷:DC24V / 0.5A、36V / 0.5AまたはAC220V/0.1AADAPTATIONスコープと条件:(1)周囲温度は0以上である。ケースをノックしないでください。磁気オブジェクトから離れてください。(2)信号の出力はスイッチ値であるため、制御オブジェクトの接続方法もスイッチの制御関係でなければなりません。(3)制御オブジェクトの電源はより大きくてはいけません信号負荷容量(4)水媒体制御装置であり、他の媒体制御には使用できません。パイプライン内の水の流れが0.75L /分を超えると、磁気コアが変位します。水の流れを流れ、磁気源を駆動して、センサに「1」スイッチング信号を出力させるための磁気制御動作を生成します。膨張および増幅の後、水流制御の目的が達成される。パイプライン内の水の流れが0.75L / min未満であると、磁気コアは戻りばねの力の下で磁気源を駆動し、センサに「0」スイッチング信号を出力してシス​​テムを停止させる。小型リレーでの使用にお勧めします
・wang-edit-text {
フォントファミリー:「アリア」!重要;
}
・wang-edit-textテーブル{
ボーダートップ:1ピクセルのソリッド#000;
境界左:1ピキスのソリッド#000;
}
・wang-edit-textテーブルTD、
···編集テキストテーブルTH {
ボーダーボトム:1ピキスのソリッド#000;
境界線:1pxソリッド#000;
パディング:3px 5px;
}
···編集テキストテーブルTH {
テキスト整列:中央;
パッケージリスト:2 Xwater Flow Sensorスイッチ

水流スイッチ-2PCS水流センサースイッチプラスチック重力タイプFS G1 / 2 IN二重雄スレッド

mozaiekのヨーロッパ見聞録 * 2006年ユトレヒト市から帰国しました

ヨーロッパレポート「調査隊、オランダを行く」へようこそ!


ごあいさつ

はじめまして!
このサイトは、管理人 mozaiek(モザイク)の欧州見聞録です。
私は、ユトレヒト大学の客員教授として招聘された社会学者の夫に帯同するため、それまで勤めていた官庁を退職し、2004年から2006年までオランダ王国ユトレヒト市に滞在していました。
その間、小学校入学前の子どもを含む私たち家族が体験した出来事を、情報が必要な方との共有および我が家の資料として書き留めていますので、ゆっくりとお楽しみいただければ幸いです。
よろしくお願いします。
mozaiek 
感想などはこちらのコメント欄にいただけると嬉しいです。 ゲストブックはこちら
 

サイトマップ

オランダのこと


ユトレヒト(Utrecht)のこと


ヨーロッパのこと


その他



にほんブログ

スポンサーサイト



関連記事

ゲストブック


mozaiek のブログへようこそ!


ブログのご訪問ありがとうございます。
ぜひ感想やご意見など、足跡をこの記事のコメント欄に残していってください!
内緒での投稿は「管理者にだけ表示」にチェックをお願いします。
返信を希望される方は、コメント内にその旨ご記載くださいね。


関連記事